【初心者必見】ダイエット中の食べたい衝動を抑える方法

ダイエット

まいど!ちょい行動です!

当ブログは「筋トレ初心者・ダイエット初心者の人と一緒に痩せる方法や知識を学ぼう」をコンセプトに、3ヶ月で10キロ痩せた僕がノウハウを発信します。

初心者の方に寄り添ったブログになっておりますのでぜひ参考にしてください。

質問にも積極的に返していくので気軽にどうぞ!                                  お問い合わせ | ちょい行動 (choikoudou.com)

本記事で解決できる悩み🖊
  • 食べてしまう原因は?
  • どうやって食欲をおさえてる?
  • チートデイの頻度は?

食べてしまう原因

1.ストレス(無理なダイエットの反動)

結論、ストレスを溜めないように最初から頑張るのはやめましょう。

最初から運動と食事を頑張れて継続している人はとても素晴らしいことなので、そのままで大丈夫です!しかし最初から頑張りすぎると、今までの生活とのギャップがストレスになり、過食の原因になります。

ちょい行動
ちょい行動

実際に僕は、最初の2週間は頑張ったけれど

もともと食べるのが大好きなため

ストレスが溜まって過食してしまい

2週間の頑張りが無駄になってしまった経験があります。

ダイエットの考え方は長距離マラソンだと思ってください!

昔いませんでしたか??

最初は頑張って上位にいるのに、体力が無くなってみんなに抜かれて行く人を。ダイエットにも同じことが言えるので、最低でも3ヶ月を目安に頑張っていきましょう!

僕は、マラソンだと思ってコツコツ頑張ったら3ヶ月で10キロ痩せることができました!

 2.コンビニに行くのが日課になっている  

結論、夜コンビニに行く回数を減らしましょう。

仕事終わりや呑みに行った帰り、出かけているときなどにフラッと寄ってしまう癖がついていませんか?

コンビニに寄ってしまうと美味しそうなスイーツやお弁当が並べられているのでダイエットしている人にとっては誘惑になり、我慢できずに買ってしまい過食の原因になります。

ちょい行動
ちょい行動

僕はコンビニに用事がないのに

とりあえず入って弁当やパスタをかって

食べていました….

コンビニに行くのは良くないと言っていますが、独り暮らしの人にとってはコンビニに行かないのは難しいことだと思います。

なので夜だけは行かないようにしましょう。                                   夜行かないようにするだけで夜の過食がなくなります。

実際夜コンビニに行くのをやめたら節約にもなり、夜の爆食が無くなりました!

極端な話になりますが、夜コンビニに行くぐらいならばスーパーに行き「鳥もも肉」と「卵」を買って家でオムライス作ってください。

オムライスはダイエット中でもご飯の量を少なくしたら高たんぱくな料理なのでおすすめです!

食欲をコントロールするコツ

1.目標を決める

食事制限をするには、絶対に痩せるという強い意思が必要です。

そのためにも明確な目標を決めましょう。例えば僕に「腹筋を割る」という目標があったとします。しかしこれは明確な目標にはなりません。腹筋が割れてからの自分を想像し、期間を決めてください!

ちょい行動
ちょい行動

僕でした3ヶ月で腹筋を割って

割れた方法をブログで発信する。

このように期間、目標の理由を考えるようにすると食欲をコントロールすることができます。

2.食べるのを禁止ではなく延期にする

食べるのを禁止にするのではなく、好きなものを食べる日を決めましょう。

ちょい行動
ちょい行動

僕は月曜から土曜日は食事制限をして

日曜日は好きなものを食べるようにしています。

火曜日にラーメンが食べたいと思ったとしても、今週の日曜日に食べれると思うと食欲を抑えることができます!

3.鏡の前に立つ(写真を撮る)

 週に3回ぐらいは鏡の前に立ち、自分の体を見るようにしましょう。

鏡の前に写っている自分の体を見ると痩せなければいけないという事を再認識できます。

※注意点は自分の体を見て痩せていないと焦るのはやめましょう。何度も言いますがダイエットは長距離マラソンです。

体の変化が1番分かりやすいのは1ヶ月おきに写真を取ることです。

1ヶ月前に比べれば腹筋は割れていなくてもお腹周りや顔は変化しているので、モチベーションアップにも繋がります。

ちょい行動
ちょい行動

1ヶ月後の写真で変わることを

目標にするのもありです!

4.毎日体重を測る

体重は毎朝測るようにしましょう。日によって水分量やむくみの影響で体重は前後するので、1週間前の体重と比べましょう。

   6月22日(木) 81.0キロ
   6月23日(金)   81.2キロ
   6月24日(土) 80.8キロ
   6月25日(日) 80.8キロ
   6月26日(月) 81.8キロ
   6月27日(火) 81.2キロ
   6月28日(水) 80.8キロ
   6月29日(木) 80.5キロ

実際の僕の体重の変化

この様に1日で比べると痩せていたり、増えたりしていますが1週間単位で見ると0.5キロ痩せていますよね。体重が前の日より落ちていないからといって焦ってもストレスが溜まるので長い目で見ていきましょう。

月曜日に体重が増えているのは、日曜日に揚げ物以外の好きなものは食べているからです。

5.チートデイを作ろう

チートデイとは?

そもそもチートデイとは、脳を騙すために行うものです。

食事制限をしていると体が慣れていき、少ないカロリーでも生活できるように基礎代謝を落としてしまい、停滞期が訪れます。

糖質が多く含まれている食べ物を摂取する事で脳を騙すことができ、停滞期を乗り越えることができます。

チートデイで食べる物

脳を騙すために糖質や炭水化物を体重×10〜12gを目安に摂取しましょう。

脂質を大量にとってしまうと脂肪が増えてしまうので、白米、食パン、ラムネ、和菓子など脂質を少ないものを食べた方が良いとされています。

ちょい行動
ちょい行動

僕は難しいことを考えるのは得意ではないので、

下記の揚げ物以外の食べたいものを食べています!

  • 菓子パン
  • 団子
  • ハンバーガー
  • ラーメン etc.

これが、僕が主に食べているチートデイ食事です。これでも体重は減っていきました。

その代わり1日30分〜50分の筋トレは週に4回は欠かさずやっております。

チートデイの頻度

チートデイの頻度は、基礎代謝量が低下した時に入れるようにします。

基礎代謝量が低下しているかは体温で分かります。毎日体温を測り体温が0.2度〜0.3度低くなったら基礎代謝が低下しているので、チートデイを入れるようにするとされています。

ちょい行動
ちょい行動

僕は毎日体温を測るのが

苦手だったので1週間に1度

チートデイを入れるようにしています!

チートデイをいれるとストレス解消や、次の日の体重が増えていたりするとま「今週からまた頑張ろう」と、ダイエットに対して前向きになれます。

まとめ

食べたい衝動を抑えるには、しっかりとコツがあります。

今回紹介したのは僕が食欲を抑えるために見つけたコツであって正解ではありません。

少しでもみなさんの参考になればと思い紹介しました。みなさんが自分なりのコツを見つけることが1番のコツになります。

チートを取り入れるならば、チートデイ以外は徹底して食事制限をしましょう。

少し勇気を出してちょいと行動してみるだけで人生が変わるかもしれません!  

今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました